東京で過去行った整形の修正をしてきました

二度目の手術で陰口を言われて我に返った

それでもいいと押し切って2回目の整形を受けます。
内容は目頭切開と二重幅の調整で、1回目と同じく部分麻酔でしたが経験しているので怖くはありません。
ダウンタイムは1回よりも大きく腫れてしまい不安でしたが、収まった後は理想通りの大きさになりました。
ここで全く予想していなかった問題が発生してしまいます。
会社の同僚から陰口を言われてしまったことです。
1回目のときは一切気にも留められなかったのに、2回目だと不気味だの焦点が合ってないだの散々でした。
言われたことがショックではなく、自分では不自然と気が付かなかったことの方がショックです。
冷静になり整形していない女性の大きな目や、目元の粘膜が露出している海外の女優さんの目と見比べてみると、どう見ても自然ではないと自覚してしまいました。
1回目の自撮り画像を見ると、ナチュラルで誰も整形とは思えないような目です。
貯まった有休を消化するため1カ月休みを取り、そのあとに退職しました。
この期間に整形した箇所の修正を行うクリニックがいくつもあることを知ります。
都内に住んでいるので東京で腕のよさそうなクリニックへ行き目を小さくすることに決めました。

日本人女性、西洋人への憧れが強すぎてか整形するときにやりすぎ目頭切開、似合わない平行二重、目の縦幅と同じくらいの涙袋、高杉細すぎそれで息吸えるの?な鼻にしたがるけど、この全てが全部骨格から生まれるものって気づけていない人が多くてみんな化け物になってる

— mdk (@_md_k_) April 17, 2021

埋没と目頭切開で満足できず再手術二度目の手術で陰口を言われて我に返った自然な目に修正できて精神的に楽になった